無添加だからこそ気を付けたい保存方法

シンプリーキャットフード
シンプリーキャットフードの品質を保っておくためには、保存方法にも気を付けていきましょう。シンプリーキャットフードの保存方法は、

 

・1日中温度差が少ないところ

・湿気が少ないところ

・直射日光が当たらないところ

 

が最適です。
これだけ気を付けておく理由はというと、よくある保存料などの添加物がシンプリーキャットフードには入っていないので、高温多湿などの悪い環境のところに保存しておくと、すぐに品質が劣化してしまう可能性があるためです。

 

お刺身を保存しておくのに良い環境…を目指すくらい、保存環境には気を配ってあげましょう。中には、小さな専用の冷蔵庫を設けたり、クーラーボックスを設置しておくというご家庭も。

 

「猫ちゃんにいつでもおいしいフードを食べさせてあげたい!」そんな気持ちがあるからこそ、これだけ保存方法にもこだわってあげたいものです。

 

安価なフードの場合、玄関先に置いておいたり、年中外に保存しているという場合もありますが、シンプリーキャットフードにそれはご法度!

 

室内よりも外は涼しいように感じますが、夏は湿気も多くなりますし、虫などが湧いてしまう可能性も高いんです。逆に冬は寒くなりすぎてしまうことで日中との気温差が激しくなり、それによって傷んでしまう場合も。

 

そんな状態のフードを、大事な家族の一員である猫ちゃんに与えたくはないですよね。人が食べるものを保存する環境と同じくらいに、良い環境を作ってフードを保存してあげてください。
それが、猫ちゃんの健康づくりにも繋がるのです。

 

>>公式キャンペーン実施中!シンプリーキャットフード 詳細はこちら

 

 

サイトTOPへ